logo
menu
menu

なかなか就労に結びつかない障がいをお持ちの方の「働きたい」を実現するための通過点です。
巡るの畑では「食農」「農福連携」を大切にし、クルー(利用者)の皆さんには水耕栽培や、施設外就労で農作業に参加して頂いています。
水耕栽培は明るくクリーンな空間の中で、体にやさしい低カリウム野菜を育ています。農作業はハウス内を中心に、自然と触れ合いながら作物と関わっています。
クルーの皆さんが育苗から収穫まで、「生きものの成長」と関わり、安心・安全の「食」を伝えることに携わっています。
様々な作業に関わる中から、自分の仕事に“責任と自信”を持ち、次のステップへ“挑戦”できるように、寄り添いながら支援しています。

障がいを持っている方就労継続支援とは、現時点では一般企業等に就職することが難しい障がいを持っている方に対して、就労の機会と場を提供し、就労に求められる知識や能力を取得するために必要な訓練などを行う事業です。
「巡るの畑」では、A型とB型のクルーが、同じ場所で個人の特性に合った作業を行っています。目標としている姿をすぐ近くで目にすることができるため、その実現に向けて努力できるのが大きな特徴です。

「巡るの畑」は、障がいを持っている方を囲ってしまうのではなく、何をやりたいか、自分はどうなりたいかという本人の想いをいちばん大切にし、社会に羽ばたいていくための挑戦の場です。そのために、クルーひとりひとりに合わせた きめ細やかな個別のケアを行います。